民度

 

多分ポケモン関係無いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今更言うまでもないけど、敷居が高いってのは悪いことばっかじゃなくて、「その敷居すら乗り越えられない層を排除する」って点ではプラスなんですよね。(悪い言い方だけど。"足切り"みたいな)

 

グラブルで言うと「月9万課金してる層」「完全無課金で分けたとして。

グラブルやってる上で信用出来るのは圧倒的に前者で、なおかつ「月9万課金出来るだけの資金力がある」という点で年齢も高くなりやすいので、自然と民度が高くなります。(というか全体的に落ち着いてる人が多い)

一方後者は臭い人が多いです(特にTwitterのbioに「無課金勢」とか書いてる層は尚更)

 

なので、俺が所属してるギルドやよく絡んでる人はおっさんだらけなんですよね。今24歳ですけど、オフ会に行ったら俺が一番年下だった…とかザラです。

 

時々グラブルであーだこーだ騒いでる人居ますが、そういう人は大体無課金か微課金です。

「課金しまくってる分人間性も崩壊してる人」もまぁ居なくはないんですけど、意外と少ないです。少なくとも俺の周りにはいません。

そこまで人間性がぶっ壊れてる人が仕事上手くやっていけるわけないんで、重課金なんて出来ないと思うんですよね。

 

 

また、俺がいつもやってる音ゲー(beatmania)と、同じアーケード音ゲー太鼓の達人を比較して。

 

前者は基本おっさんが層を占めてて、少なくともイキり始めるお年頃(≒中学生~高校1年くらい?)がプレイしてるのを見たことが無いです。

「初心者にはオススメ出来ない音ゲー」とかいう的外れな紹介をされていたり、ボカロやアニソンのような版権曲をほぼ取り入れていないのが大きいと思いますが、そのおかげで(せいで?)全然若い人が居ないんですよね。そもそも小学生くらいの子は別途足場が無いとコントローラー部分まで手が届きません

トップ層(世界一を争える層)は30を超えている人が数人居て、あとは20代って感じです。最年少は高校生ですが、俺の知ってる限り10代ランカーはその一人だけですね。

 

一方太鼓の達人は新規(特に若年層)の取入れに積極的で、話題のJpopやアニソンを採用しつつ今も昔も変わらぬ人気を誇りますが、「誰でも出来る」「キャッチー」という敷居の低さゆえに年齢層も低いです。梅田ラウワンで小学生くらいの子がめちゃくちゃ高難易度な譜面をほぼフルコンで捌いてたのも記憶に新しいです。

トップ層はなんだかんだ結構おっさん多いですが、10代も結構多いです。

 

で、年齢層が低くなるとどうなるかっていうと、ネチケットが全く成っていなかったり、ランカーであっても平然と下位プレイヤーを貶す、感情に任せて筐体を破壊する(それを動画に撮ったりする)などの行動が目立つようになるんですよね。

 

別に低い年齢の人が全員そうだってわけじゃないですけど、事実として年齢層の低いゲームが荒れやすいのは傾向としてあります。

 

で、この記事を書くきっかけになったのはとあるゲームの配信で。

 

最近APEXにハマってるんで、「APEXが超上手いプレイヤー」の配信を見たりするんですけど、基本的に流れるコメントは

「ヘッドホンって何使ってます?」などの質問系

「今の上手すぎ!」などの賞賛系

「(顔出ししてる配信者に)今日の髪型〇〇っぽい」などのだる絡み系

基本この3つに分類できます。

 

代わってみんなご存知「荒野行動」の「超上手いプレイヤーの配信」を見たんですけど。

質問系/賞賛系/だる絡み系は変わらずにあるんですよ。これに加えて

 

 

「今の味方クソすぎ!アカ検索して荒らそうぜw」

みたいな"うんこ系"があったんですよね。

 

しかもコメントの6割近くがうんこ系です。マジで世紀末を感じますよ。

 

この差はもちろん敷居にあって、APEXはある程度のスペックを持ったPC(最低10万)が必要っていうハードルがあるんですよね。(PS4版もありますがやってない上にこっちを配信してる人は見てないんでわかんないです)

10万を、ましてやPCにポンと出せるのは大学生でも結構躊躇するレベルです。

 

一方荒野行動はスマホ持ってりゃ誰でも出来る以上敷居が限りなく低くなり、伴ってトッププレイヤー配信の視聴者年齢も低くなります。

 

ま、つまりそういうことっすわ(オチぶん投げ)