読ませる

頭の良い人は難しい言葉を使わない。

頭の固い、もしくは弱い人は、難しい言葉の意味を噛み砕かず字面通りに受け取り、また噛み砕き方を知らないので人に何かを教える際もその言葉を使用してしまう。

頭の良い人は、難しい言葉の正しい意味を理解し、なおかつそれを簡単な言葉へと変換する術を携えているので人に何かを教える際はその言葉を使わない。

しかし、頭の弱い人はこれを「語彙力が足りない」と貶す。

 

^-^