S3雑感

ほとんど終盤しか手付けてなかった。

 

メタグロスの「そこまで強くない風潮」がいつの間にか消えてた

→少なくとも3月頭にあった関西シングルFESTA時点では既に「やっぱ弱い」とかいう評価に落ち着いてたのにまた増えてた。なんなんだこいつ

 

・削れたコケコを裏で縛れるならゲンガーコケコ対面はシャドボ打っていい

→裏に居たギルガルドメタグロスなどの鋼が軒並み死んでいった。同速負けならそもそも電気Zで縛り返されてるしスカーフならボルチェンで引いていく。

 

ミミッキュは結局霊Zで落ち着いた印象 多分これ以上開拓の余地は無いと思う

→やれることこそ多いがどれも技一覧を眺めて思い付くような型だしそれ以上の事を出来るくらいのポテンシャルはさすがに無いと思うので、脱出ボタンとかそういった類のビックリ要素を付け加える他に開拓出来る部分は無いと思う。

 

テッカグヤは結局多い

→バシャウルガボルトが出てくるから減るとか言われてたけど有利から身代わり宿り木されるだけでそこそこ面倒臭いしボディパージのような己を削るテッカグヤも普通に使われると厄介。

 

・受け回しのバリュエーションが多くて崩し方が分からない

→受け回しの中身がどうであれ一度起点を作ればどうとでもなるオニゴーリや催眠ゲンガーのようなポケモンが強かった理由の一つだと思う。再生力持ち2体でくるくる回されると消耗してしまう呪いミミッキュでは多分手が足りない。

 

 

・鬼火リザードンは催眠ゲンガーと同じベクトルのポケモン

→当てれば強いが当てなかった時のリスクを考えるとそうポンポン打ちたい技じゃないので個人的にはそこまで使いたくない技の一つ。ニトチャ剣舞のような構成も自己強化までに二手を要するのでリザXを使うのであれば龍舞を起用したい。

 

・Z以外のミミッキュは痒い所に手が届くわけではなかった

→Zミミッキュは大雑把に強いが小回りが利きにくいのが弱みだと思っていたので珠や襷を使ってみたがどちらにせよ種族値の微妙な低さから手の届かないところが生まれてしまい、結局Zが最も広い範囲をカバーできると思った。行動保証があるのでZが腐りにくいのも今更気付いた。

 

ウツロイドはそこまで強くない

→受け回しに入りがちなウツロイドだが臆病でないと諸々のポケモンを抜けない関係上火力が出ない。ゲンガーのシャドーボールのようなチマチマした削りもそこそこ痛いので硬そうで脆い。受け回しを崩す際の隙にもなりやすい。

 

パルシェンは等倍耐性で受け出してくることが多々

テッカグヤやレヒレが主。実際水Zがそこそこの個体数いるらしいのでギルガルドメタグロスで相手をするのは若干怪しい。印を採用したくなる理由の一つ。

 

・1/2回復実を持ったD振りランドロスというかD振りランドロス自体が強い

→回復するのであればオボンでも最悪残飯とかでもある程度起用出来ると思う

 

・受け回しが下火になって高火力を打ち合う環境になっても積みサイクルはキツい

→所謂決定力/クッション/崩しにそれぞれ対応した積みエースを用意して勝ち筋をこじ開けていくのが積みサイクルなので、これらが全て決定力になったりでもされると展開出来るかがまず怪しい。